アルバータ南部の素晴らしい建築

작성자: Travel Alberta

Main image

  • Thumbnail
  • Thumbnail

世界一背の高い、65メートルのティーピー(先住民の伝統的なテント)がトランスカナダ・ハイウェイ(1号線)にそびえ、メディスン・ハットに到着した私を歓迎してくれています。巨大なスチールの枠の下をくぐってティーピーの下に入り、後ろ側に首を伸ばしながら円形に並べられた先住民たちの文化や歴史の描かれたストーリーボードを見ていると、まるで自分が小人になったような気分になります。1988年の冬季オリンピックの時に、カナダの先住民達が残してくれた遺産を讃えて建てられました。「サーミス」という名前は、ブラックフット語で祈祷師の頭飾りという意味です。建築や遺産を通してアルバータ南部について知ることができる、ということが分かりました。

メダルタ

陶器を焼くために100年以上前に建てられた、蜂の巣型の窯は、現代でもメディスン・ハット粘土工業国定史跡のメダルタで使われています。窯業はアルバータ州で最も古い産業のうちの1つで、メダルタの陶器は世界中の棚を美しく飾っています。工場は現在博物館として使われており、アーティスト達がこれらの窯を使いながら現代アートの作成にいそしんでいます。

ブルックス・アクエダクト

ブルックス近郊では、風変わりで、宇宙から来たような建物があなたを迎えてくれます。コンクリートのつり索が地上20メートル上からつるされ、浅く乾いた谷間に整然と並んでいるのです。ブルックス・アクエダクトは、当時の土木技術としては驚きに値するものでした。広大なプレーリーの灌漑網の一部として、カナダ太平洋鉄道が1914年に完成させたこの場所は、現在は国立および州立史跡となっています。かつて農地へ貴重な水を運ぶ役割を果たしていましたが、今日では昔の人の知恵を讃えながら佇んでいます。こんな変わったもの、他で見ることはきっとないでしょう。

ハイレベル・ブリッジ

もう1つの驚きの土木技術として個人的もお勧めしたいのは、レスブリッジにあるハイレベル・ブリッジです。オールドマン川の上空を95.7m、そして長さ1.6kmにわたって架けられたこの精巧なスチール製のトレッスル鉄道橋は、現役としては世界一の長さと高度を誇っています。まるで自然の摂理に反しているかのようです。生まれてから100年以上経つこの長い橋を電車がガタガタと渡る姿に、私は釘付けになって見ていました。是非カメラを持ってきてください。橋の下からの写真撮影は、とにかく楽しいです。

アトラス炭坑

私は建物そのものの堂々とした造りに驚くとともに、巨大ながらも控えめな建物の歴史に魅了されました。アトラス炭坑国定史跡にあるこの古い木造の選炭場は、この種の建造物としてはカナダに唯一残されたものです。ツアーに参加してコンベヤのトンネルを登り、そこで石炭がわずか15歳の男の子たちによって選別したり磨かれたりしていたと知って驚きました。石炭から出る埃やすすが、このあたりの空中を漂っていたことは容易に想像できます。頂上からは息を飲むような荒野の風景が目の前に広がり、大金持ちになろうとこの場所へ押し寄せてきた労働者達を尊敬せずにはいられませんでした。

주요 액티비티
  • 원주민
  • 셀프 드라이브
체험 제공업체