このウェブサイトでは、お客様により良いオンライン体験をご提供するためにCookieを使用しています。お客様は、このウェブサイトを使用することまたはこのメッセージを閉じることにより、当社のCookieに関するポリシーに同意されたものとみなされます。
JP
  • AU
  • CA
  • CN
  • DE
  • JP
  • KR
  • NL
  • UK
  • US
  • MX

世界トップの旅行出版物カナダとアルバートは2017年になる予定です

執筆者: Travel Alberta

Main image

Banff National Park / John Price @johnpricephotography

  • Thumbnail
  • Thumbnail
  • Thumbnail
  • Thumbnail

2017年、カナダは植民地が1つにまとまり、カナダ連邦として建国してから150周年を迎えます。1年を通じて祝典が催され、それを目当てに世界各地から人々が訪れることでしょう。ここで、世界トップレベルの旅行ガイドブックで取り上げられた、2017年のカナダとアルバータ州のお勧めの場所をご紹介します。

ニューヨークタイムズ:第1位

ニューヨークタイムズの旅行部門では毎年、「行くべき場所52選」を発表しています。これはどのようにして決められているのでしょうか。まず、普段からニューヨークタイムズに寄稿している国内外のトラベルライターたちに提案を募集します。何百という提案がカテゴリーごとに出されます。「なぜこの特定の時期に旅行すべきなのか」「地理的多様性、テーマの多様性はあるか」「よく知られた名所のほかに、観光客が訪れないような隠れた名所があるか」

カナダはこれらすべてにおいて1位になりました。建国150周年を記念して、2017年は国内200ヵ所以上の多様な地形を誇る国立公園がすべて無料で入園できます。国内の隅々にまで隠れた宝石が散りばめられています。カナダドル安というメリットもあり、海外からの旅行者にとっては旅行資金を節約できるチャンスです。

ロンリープラネット:第1位

ロンリープラネットが毎年発行する「ベスト・イン・トラベル」で、2017年訪れるべき国第1位にカナダが選出されました。カナダ国内の名所トップ25も紹介され、そのうちアルバータ州も3カ所入っています。我らがカナディアン・ロッキーが第2位で、その後にカルガリー・スタンピード(15位)、ドラムヘラー(16位)が続きます。上出来です。カナディアン・ロッキーの風景が紹介動画のほとんどを占めています。

ロンリープラネットから60冊の著書を出版し、40ヵ国を旅したトラベルライターのセレステ・ブラッシュは、カナダの大ファンです。「誰もが、カナダとそこに住む人々、そして私を感動させるその他すべてのものを愛さずにはいられないはず」と彼女は言います。彼女はバンフが特にお気に入りです。そびえ立つ山々、世界屈指のハイキング、そして「まるで熱帯のラグーンのように青い湖」がそこにはあります。彼女はカナダが1位に選ばれたことに感激し、控えめだったこの国が突如、脚光を浴びたことはとても喜ばしいことだと考えています。

ヴォーグ:「一人で行きたい名所ベスト5」の1つにカナダが選出

女性が「一人旅の楽しみと自由」を体験できる国としてカナダが選ばれました。記事では建国150周年や、国立公園の無料入園パス、カナダドル安のメリットなどに触れているほか、「1年を通して一人旅ができる美しく、フレンドリーな国」と紹介されています。

ナショナル・ジオグラフィック・トラベラー:「ベスト・オブ・ザ・ワールド」

2016年末、バンフ国立公園がナショナル・ジオグラフィック・トラベラーの2017年「ベスト・オブ・ワールド」の1つに選ばれました。同誌はあらゆる旅行ガイドブックの中でも最大規模の購読者数を誇ります。バンフは、出版業界の編集者、ライター、探検家などによる厳選な審査の結果、この栄冠を勝ち取りました。すべての国立公園の入園料が無料となる今年に、カナダで最も古い国立公園であるバンフが受賞したことは、さらなる栄誉です。たくさんのトラベルライターたちがこのことについて記事にしています。

「カナダの全体的な印象を高く評価しました。雄大な景観にふさわしいヒューマンスケールをもたらす温かな容認の心です」(ナショナル・ジオグラフィック・トラベラー編集長、ジョージ・W・ストーン)

コンデナスト・トラベラー:トップ10

コンデナスト・トラベラーの「2017年に見たい場所トップ10」にカナダが選ばれました。写真の主役はカナディアン・ロッキーの山間の湖です。記事ではカナダのダイナミックな都市やアウトドアアクティビティのほか、1年間に渡って行われるパーティーや文化イベントなど、建国150周年についても触れられています。

記事の一部を紹介します:「カナダ。それは壮大なアドベンチャーの土地。山々の息をのむような風景、超現実的な色合い、澄んだ空気と溢れる光。驚嘆すべき野生動物。「カナダ人はどこの国の人よりも元気だ」.... 旅行者たちはいつも、口を揃えてそう賞賛します。カナダ人はたくましく力強い腕を広げ、訪問者たちを陽気に迎えてくれます。それはまさに、私たち旅行者が求めていることなのです」

そうなんです。私たちはいつでも皆さんのお越しを歓迎しています。カナダでお会いしましょう!

主なアクティビティー
体験者