このウェブサイトでは、お客様により良いオンライン体験をご提供するためにCookieを使用しています。お客様は、このウェブサイトを使用することまたはこのメッセージを閉じることにより、当社のCookieに関するポリシーに同意されたものとみなされます。
JP
  • AU
  • CA
  • CN
  • DE
  • JP
  • KR
  • NL
  • UK
  • US
  • MX

スリル満点、野生動物との出会い

執筆者: Travel Alberta

Main image

Paddy Pallin

  • Thumbnail
  • Thumbnail
  • Thumbnail

森のはずれでエルクが動き出しました。シャッターチャンスの到来です。ツアーグループで訪れた私たちは、シャッターを切りながら、地元の専門ガイドと一緒にトレイルを散策しています。カナディアン・ロッキーの野生動物ツアーは、動物好きにはたまりません。最大の魅力は、なんといっても野生動物に大接近できること。毎回、鳥肌が立つようなスリルを味わえます。

アルバータで野生動物観察を楽しむなら、バンフ国立公園、ジャスパー国立公園、ウォータートン・レイク国立公園は外せません。動物たちが最もよく姿を見せる、春から秋にかけてがお勧めです。

身近な大自然を散策

アルバータの広大な公園は、まさに野生動物の宝庫。州立公園と保養地は全部で250以上あり、なんと587種もの哺乳動物、鳥、魚が保護されています。エルク、ムース、オオツノ・ヒツジ、グリズリー・ベア、バイソン、クーガー、オオカミ。この数年間で私は、アルバータを代表するこれらの野生動物に出会う幸運に恵まれました。滅多に見ることのできないオオヤマネコ、ボブキャット、クズリにもいずれはお目にかかりたいものです。

ワイルドフラワーの咲く草原を巡るのんびりしたサンセットウォークから、岩だらけの渓谷や山道を突き進み、山頂の絶景を拝みに行くホーストレッキングまで、ガイド付きツアーには様々なタイプがあります。行き先がどこであれ、ツアーグループと野生動物双方の安全が第一です。安全な距離(大型動物から30m、クマからは100m)を保つことと、人間の食べ物が彼らの口に入らないようゴミは決められた場所に捨てることが、アルバータの野生動物を保護するうえで重要な鍵となります。

バンフ野生動物観察ツアーの醍醐味

カナディアン・ロッキーといえば、やはりグリズリー・ベア。彼らについてもっと詳しくなり、そしてできることならもう一度この目でその姿を確かめるのが私の夢です。

ディスカバー・バンフ・ツアーズでは、ディスカバー・グリズリー・ベアというガイド付きのツアーを催行しています。まずは、ビクトリア氷河をはるか遠くに望むレイク・ルイーズ・ゴンドラに乗り、頂上までスリル満点のひとときを楽しみます。眼下に広がる渓谷にクマの姿を探しましょう。山頂に着いたら、案内センターで、食物連鎖の頂点に君臨するクマの山での生態について学びます。

散策中、この辺りではよくグリズリー・ベアが見られるとツアーガイドが教えてくれました。残念ながら今日はそのチャンスに恵まれませんでしたが、グループの1人は昨日見たと言っていました。私たちも、もう一度挑戦したいと思います。

その後、バンフの町の近くでイブニング・ワイルドライフ・サファリ・ツアーに出かけ、山腹をはい登るマウンテン・ゴートを眺めました、沈みゆく太陽の光を浴びながら、1頭がこちらを振り向きます。私は三脚をセットし、心に残る瞬間をとらえようとシャッターを切りました。

主なアクティビティー
  • 野生動物ウォッチング
  • 観光ツアー
体験者