このウェブサイトでは、お客様により良いオンライン体験をご提供するためにCookieを使用しています。お客様は、このウェブサイトを使用することまたはこのメッセージを閉じることにより、当社のCookieに関するポリシーに同意されたものとみなされます。
JP
  • AU
  • CA
  • CN
  • DE
  • JP
  • KR
  • NL
  • UK
  • US
  • MX

バンフ国立公園で乗馬に初挑戦

執筆者: Travel Alberta

Main image

馬が位置を変え、鞍のきしむ音が聞こえると、私は思わず息をのみました。さあ、出発です。カナディアン・ロッキーのルイーズ湖周辺を巡る乗馬ツアーは始まったばかり。初めて見る馬上からの景色は格別です。パカパカというリズミカルな足音、鞍が横にずれるギシギシという音が心地よく響き、ゆったりとした気分に包まれ、いつしかおしゃべりも途切れがちに。そのうちに、アルバータ州の山々の絶景が目に飛び込んできました。

トレイル・ライディング101

私のように乗馬が初体験の人や、初めての場所を散策したい人には、ガイド付きの乗馬ツアーがいいでしょう。人生最高の乗馬体験となるよう、ベテランのガイドがサポートしてくれます。少しずつカウボーイ気分を味わいたいなら、10分間の乗馬ツアーもあるレイク・ルイーズのティンバーライン・ツアーズがお勧めです。ただ、それでは物足りないと思った私は、ティンバーライン・ツアーズが開催している初心者向けツアーのうち最長の、1時間半の乗馬ツアーを予約しました。馬のバディーと軽く挨拶を交わしてから、歩く、止まる、右に動く、左に動くといった基本動作を学びます。あとは、バディーとガイドに頼るとしましょう。

年齢に関係なく楽しめるアドベンチャー

グループの年齢層は、下は5歳から上は85歳まで。好奇心に輝く目と屈託のない笑顔だけが共通点です。ツアーが始まると、さっそく「走っていいですか?」という質問が挙がります。この時点で私は、かかとを下げてつま先を上げるという足のポジションをやっと覚えたところで、膝でバディーの体を締めてバランスを保つことに集中していました。幸い、ツアーのペースは、グループの最も経験の浅いメンバー(つまり私です!)のレベルに合わせるよう設定されていたため、ギャロップの希望は即座に却下されました。そもそも、こんなに素敵な景色の中を急いで走り抜けるなんてもったいない話だと思いませんか?

ワイルドフラワーと野生動物

緑豊かな高山の草地にワイルドフラワーが咲き乱れる、カナディアン・ロッキーの晩春は、息をのむような美しい色で彩られたカンバス。雪を頂く峰々がはるか遠くにそびえ、ここが他にはない特別な場所だということを常に思い出させてくれます。鳥やジリス、若いシカはいち早く見つかりましたが、このあと運が良ければクマの姿も見られるかもしれません。

ツアーに最適な時期

ロッキー山脈の乗馬ツアーの多くは、5月中旬から9月下旬にかけて催行されます。早い時期のツアーでは鮮やかなワイルドフラワーを楽しめ、秋になればポプラやカラマツの木々が黄金に色付きます。どの季節を選んだとしても、カメラをお忘れなく。この地域ならではの動植物、馬、そして美しい山々。人生最高の乗馬体験の様子を、友達に自慢したくなるはずです。

主なアクティビティー
  • 乗馬
  • 野生動物ウォッチング
体験者