このウェブサイトでは、お客様により良いオンライン体験をご提供するためにCookieを使用しています。お客様は、このウェブサイトを使用することまたはこのメッセージを閉じることにより、当社のCookieに関するポリシーに同意されたものとみなされます。
JP
  • AU
  • CA
  • CN
  • DE
  • JP
  • KR
  • NL
  • UK
  • US
  • MX

初心者向けアイスクライミングならバンフで

執筆者: Travel Alberta

Main image

  • Thumbnail
  • Thumbnail

アドレナリンが体中を駆け巡っています。私が今いるのは地上3メートル。今はただ一心に登るしかありません。アイゼンがしっかり雪面を噛んでいるのを感じながら、次にアックスを打ち込む場所を探します。バンフ・アベニューの真ん中に、壮大なカナディアン・ロッキーを額縁に閉じ込めたような場所があります。きらきらと光る12メートルの人工氷壁。私が今しがみついているのはまさにそれです。下界では子どもたちと協力的な夫が私に向かって熱烈な声援を送ってくれています。私は数年前にロッククライミングを始めてからずっと、冬のアイスクライミングにいつかトライしてみたいと思っていました。

無料のアイスクライミング・トライアル

私たちは、バンフ国立公園のスノーデイズ(雪の祭典)に来ています。いつもキャンモアに近いグロット渓谷でアイスウォークをしながら、氷の壁に挑むクライマーたちを畏敬の念で見守っていました。そのため、このイベントでアイスクライミングを無料で試せると聞いて心を動かされたのです。アイゼンやビレイ、ロープ、アイスアックスといった用具も無料で貸し出してもらえます。もちろん有資格者のガイドによる講習付き。持参するのは、防水加工の冬用ジャケットと長靴、手袋、そして挑戦する心構えだけです。

女性専用のアイスクライミング・クリニック

先月8歳の誕生日を迎えた息子にも参加資格はありますが、まずは私が登るようにと息子に命令され、もちろん受けて立ちました。実際、私はすっかりクライミングに夢中だったのです。翌日行われる女性専用の2時間の初心者向けクリニックにも申し込みました。地元の講師ということは、レイク・ルイーズ、バンフ、キャンモア近辺の初心者向けスポットにも精通しているに違いありません。それに、この週末は道具の手入れの仕方やアイススクリューの打ち方など、別のクリニックも開かれるとのこと。ひょっとすると数年後のスノーデイズで、アマチュア部門のアイスクライミング大会にエントリーしているかもしれません。

温泉とフォンデュ・ディナー

明日のクリニックが終わったら、バンフのアッパー・ホット・スプリングスに向かう予定です。湯気の立つミネラル温泉に浸かれば、筋肉痛もたちどころに治るでしょう。子どもたちとは、チーズとチョコレートたっぷりのディナーでお祝いしようと約束しています。ハイキングのあとはグリズリー・ハウスのフォンデュ。これが私たち家族のしきたりです。珍しい動物のフォンデュに挑戦しようという話もしています。サメ、ワニ、ガラガラヘビ、カエルの脚など。明日がいよいよその日になりそう。でも今は目の前の試練に集中しなければ。頂上にどれだけ迫れるか、がんばります!

主なアクティビティー
  • アイス・クライミング
体験者