このウェブサイトでは、お客様により良いオンライン体験をご提供するためにCookieを使用しています。お客様は、このウェブサイトを使用することまたはこのメッセージを閉じることにより、当社のCookieに関するポリシーに同意されたものとみなされます。
JP
  • AU
  • CA
  • CN
  • DE
  • JP
  • KR
  • NL
  • UK
  • US
  • MX

アルバータ州をカヌーで探検

執筆者: Travel Alberta

Main image

  • Thumbnail
  • Thumbnail

ワシやタカが頭上を飛ぶ。シカが湖畔をさまよい歩く。夏の暖かな風が水面を優しく撫でる。私はそんな湖や川をカヌーで散策してきました。アルバータ州にはスキルレベルに関係なくカヌーが楽しめる、カナダでも有数のスポットがあります。私のお気に入りのスポットをいくつかご紹介しましょう。カヌーに最適な時期は6月から9月までです。

歴史的なボウ川を行く旅

バンフ・カヌー・クラブのボヤジャー・カヌー・アドベンチャーは、カヌーの初級者と中級者を対象にしています。私はカヌーの経験があり、地域の歴史や文化を学びたいと思っていたので、このツアーはぴったりでした。ツアーはバンフ市内のボウ川のドックから出発。所要時間は約90分で、カナダの歴史に浸るには十分な長さです。私たちは、フランス系カナダ人の毛皮商人のボヤジャーたちが、17世紀から19世紀にかけてカヌーで移動しながら、毛布や小麦粉などの物資を毛皮と交換していたことを学びました。

ボヤジャーの衣装を着けた男性のガイドさんは、ゆったりとした白いコットンシャツに、オレンジ色のサッシュをズボンの上に締めています。このガイドさんから、長さ103メートルの広々とした14人乗りのカヌーでの安全上の注意点と櫂のこぎ方を教えてもらったあと、いよいよバンフ国立公園の地理と歴史、そして勇敢なボヤジャーたちの旅に出発しました。

ランドル山、サルファー山、そしてカスケード山の壮大な景色を楽しみ、カヌーをとめて野生動物の写真を撮りました。忙しそうに巣を出たり入ったりするミサゴや、川岸に沿って一人で馬に乗っている人も見えました。次に来たときは、カナダの国獣ビーバーにもお目にかかりたいものです。

サンセット・カヌー

夕暮れの穏やかなカヌーを楽しむために、私はジャスパー国立公園のジャスパー・ツアーズが催行している3時間のピラミッド・レイク・カヌーイング・エクスペリエンスに申し込みました。夕陽が峰々の後ろに傾き始めた頃、念願のビーバーに出会えました。湖でムースを目撃することもあると聞いたので、次回はこの大きな動物を写真に収めることを目標に頑張ります。

人生で一度は体験したいアドベンチャー

数日間かけていくつかの湖を渡るアドベンチャーに挑戦しようという熟練のカヌーイストなら、ラック・ラ・ビシュ(エドモントンの北東220km)の町の近くにあるレイクランド州立公園のジャクソン湖とキネアード湖のカヌー・サーキットがお勧めです。私たちは初めてのポルタージュ、つまりカヌーを次の水路まで陸路で運ぶ旅に挑戦しました。奥地を行くアルバータ州唯一のカヌー・サーキットでは道中のキャンプ場を利用でき、カヌー移動用のカートも用意されているので、さほど大変ではありません。38kmのサーキットではおよそ3日間かけてジャクソン湖、キネアード湖、ブラケット湖、マクガフィン湖の4つの湖を回ります。

私たちは、ティンバーウルフ・ツアーズが企画したアサバスカ川の山と川のカヌー・アドベンチャーに参加しました。このツアーはノービス・オープン・カナダに分類されていたので、初心者でも参加できました。私たちは開水域で1日練習し、キャンプ用具も載せられる2人乗りのカヌーの感触をつかみました。手つかずの自然の中を行くこのツアーは、針葉樹林の間を滑るように進みながら、簡単な急流がいくつかあり、楽しい挑戦でした。この5日間の旅の出発地はエドモントンです。

主なアクティビティー
  • カヌー
体験者