このウェブサイトでは、お客様により良いオンライン体験をご提供するためにCookieを使用しています。お客様は、このウェブサイトを使用することまたはこのメッセージを閉じることにより、当社のCookieに関するポリシーに同意されたものとみなされます。
JP
  • AU
  • CA
  • CN
  • DE
  • JP
  • KR
  • NL
  • UK
  • US
  • MX

ジャスパー国立公園にいながら宇宙旅行に出発

執筆者: Jane Marshall

Main image

  • Thumbnail
  • Thumbnail
  • Thumbnail
  • Thumbnail

公園のゲートを車で通過し、ジャスパー国立公園に入ると、2つの点に驚かれることでしょう。公園の土地はもちろんのこと、空までもが保護されているのですから。正確には、公園の上空の11,000㎢が保護の対象となっています。

ジャスパー国立公園が光の公害から守られているのは、天文学者でジャスパー・プラネタリウムのマネージャーでもあるピーター・マクマホンなど、宇宙観察分野の先駆者のおかげです。彼は、カナダで大人気の国立公園が、星空を観察したり、宇宙について学ぶのにぴったりの場所となる見込みがあると考え、この公園の夜空を暗闇のまま維持することを初めて提案。カナダ王立天文学会から公式なダークスカイ保護区としての認定を受けるため、彼はパークス・カナダと密接に連携し、2011年に認定を受けました。ダークスカイ保護区としては珍しく、保護区の中心に町があるため、遠距離を移動する必要がありません。ジャスパーの快適な宿泊施設に滞在し、おいしい食事を味わい、町から10分車を走らせるだけで暗闇を体験できます。

ジャスパーの居住者は暗闇を守るための取り組みを行ってきました。住民と企業は、暗闇にやさしい暖色系の照明に交換し、それらを下向きに設置するなどして、過剰な照明を減らしました。その結果、「町中にいながら天の川をはっきりと見ることができるようになった」とパークス・カナダのロジェ・グライスは言います。

ジャスパー・プラネタリウム

ピーターは、宇宙に興味のあるビジターに対し、アクティビティや、学んだり繋がりを持つことができる場所を提供する必要があると考えました。彼と地元のビジネスパートナー3人(ジャスパー・ラフト・ツアーズのスコット・イーディ、サンドッグ・ツアーズのシェイン・ブルッキングとポール・ハーディ)は、人々にジャスパーの空に親しんでもらうため、幅6mの空気注入式のエアドーム、投影機、インタラクティブな機器に投資しました。このプラネタリウムの一番の魅力は、天候に関わらず年間を通して体験できる点にあります。宇宙の神秘を感じたくなったら、ぜひ訪れてみましょう。

10月、私はプラネタリウムを実際に体験するため、ジャスパーに行きました。プラネタリウムはマーモット・ロッジに設営されていました。エアドームは温暖な時期は屋外に、冬は屋内に設置されます。完全に密閉されたお城型のトランポリンを思い浮かべてみてください。

ピーターは私たちを出迎えた後、ドームのファスナーを開け、ドームが膨らんだ状態を保てるよう、数人ずつ中へ案内してくれました。ファスナーを素早く通り抜け、リクライニングしたローンチェアに座り、後ろにもたれて天井を見上げました。キャンプファイヤーを囲うように座る私たちの中央には、ジャスパーの空から宇宙の果てまで案内してくれるピーターがいました。

天文学の基礎

惑星と星座のリアルな画像を天井に大きく投影している間、彼は私たちに質問をするよう促しました。私たちは公園の夜空と肉眼で見える6,000個の星のほか、熊座(かんむり座)とカヌー座(オリオン座のベルトと北極星)など、先住民が名付けた星座を見ました。光害を減らすための取り組みを行う前と後のジャスパーの夜空の写真も見ましたが、その差は驚くほど明らかでした。

プラネタリウムでは、方位磁石と六分儀を使って公園が地球上のどの位置にあるかを見つける方法を学ぶなど、この場所ならではのインタラクティブな体験を提供しています。質疑応答形式をとることで、ピーターは参加者に合わせてツアーの内容をカスタマイズし、プラネタリウムの技術を使って夜空のさまざまな面を紹介することができるのです。ピラミッド湖、コロンビア大氷原、スカイトラムの最高地点からの星座の眺めを楽しみましょう。

事前に録画された映像を見るのとは大違いです。各ツアーにはオプションがあります。ピーターは、人間がその存在を信じている銀河系の向こう側にまで私たちを連れて行ってくれました。

彼のお気に入りの星座は、ずばりオリオン座です。彼はオリオン座のことを「星雲や星団など、クールなものが揃ったビュッフェ」と呼びます。彼がオリオン座を愛する理由は、オリオン座のベルトには太陽より37.5万倍明るいアルニラムがあり、この星座によって夜空がさらに輝くから、だそうです。

贅沢な体験をプラス

プラネタリウムだけでは物足りない方は、プラネタリウムの後に、サンドッグ・ツアーズと地元の天文学者と一緒に夜空の観察に出かけましょう。彼らが主催するワイルド・ナイツ・ツアーでは、自然の中に入り、望遠鏡を使った実地体験ができます。また、スカイトラムでウィスラー山を1000m登り、より宇宙に近い場所で星に関するセッションに参加できるオプションがあります。山の頂上を見下ろし、天空を見上げ、山頂でディナーを楽しむこともできます。望遠鏡を手にしたプラネタリウムの解説者が、参加者のさまざまな質問に答えてくれます。

星にまつわるクールな事実

ジャスパー・プラネタリウムで私が学んだこと:

·    私たちの住む銀河系には3000億個の星がある

·    土星には62個の月があり、土星の輪は氷でできている

·    オーロラは、珍しい深紅色に変わることがある

·    ジャスパーにはカナディアン・ロッキーで最大、最強の望遠鏡がある

主なアクティビティー
  • オーロラ観測
  • 観光ツアー
体験者