Centre Peak High Country Adventures

アルバータ州でカウボーイになる4つの方法

Jody Robbins

Travel Alberta

Apr 11, 2019 - 4分

靴をブーツに、Facebookのフィードを人と実際に会うことに取り替える勇気があるなら、本物のカウボーイ感を味わうのにアルバータ州ほどふさわしい場所はありません。アルバータ州は、優しいカウボーイとカウガールに出会えるところ。彼らは裸馬に乗って、放牧地で暮らしています。そして、有名なウェスタン流のホスピタリティーでもてなしてくれます。ここでは、カウボーイの旅をスタートする4つの方法をご紹介しましょう。

Rocking R Guest Ranch

Travel Alberta | Katie Goldie

"ホースシーフ渓谷の旅に出ましょう

ドラムヘラーから車で約15分、大草原が突然、深い渓谷と砂岩のクレーターが織りなす息をのむような絶景に変わり、ホースシーフ渓谷に到着します。  まるで西部開拓時代のひとコマのように見えますが、まさにそのとおり。1世紀以上前に、無法者たちが盗まれた馬をアメリカからここに連れて来て、渓谷で再び売りさばくために所有者を変える作業をしていたからです。そう、当時ここは非情な場所でした。でも今日、この渓谷中を跳ね回るのに遠慮はいりません。ここには、古代の川底を探索できるハイキングトレイルがいっぱいです。恐竜の化石を発見できるかもしれません。無法者たちも、かつてこの場所を歩き回っていたのです!

Horsethief Canyon

Travel Alberta | Katie Goldie

バー・ダイヤモンド・ゲスト・ランチまでそぞろ歩き

カナディアン・バッドランドに広がるこの本物の大牧場は、西部のファンタジーに命を吹き込む、まさにそういうスポットです。広さ146㎢の敷地には、ブラックアンガス牛750頭、雄牛40頭、馬20頭、かわいらしいシェトランドポニーが1頭飼われています。

都会のカウボーイたちは装備を整えたら、昔の馬車道に沿ってゆっくり馬を走らましょう。かつてティピー(先住民の移動式住居)が立っていた多くの場所や、スピリチュアルで希少なメディスン・ホイールなど、過去の先住民たちの形跡が見つかるに違いありません。社交的な方は、牧場の所有者キャロル・ハーンと一緒にトラックに乗って、近所の人たちを訪問してみませんか。彼女は、本当のカントリーライフがどんなものか直接見られるように、えりすぐりの大草原の町を馬で案内してくれます。

お腹が空いたら、大皿盛りの家庭風カントリーディナーが待っています。その後は、築100年という開拓時代の山小屋でぐっすりお休みください。壁のパネルには、ウイスキーが隠されています。その他の物もすべて本物です(自分で見つけなければなりませんが)。

Blackfoot Crossing

Travel Alberta | Katie Goldie

ブラックフット・クロッシングを満喫 

かつて、アルバータ州の平原を無数のバッファローが歩き回っていました。そして先住民族のブラックフット族は、動物たちのライフサイクルに合わせて文化を発展させました。環境に配慮したこの博物館では、戦士の物語とともにまつられたバッファローのなめし革を切ったり、大地に残されたストーンサークルから歴史的な手がかりを読み取る方法を学んだりできます。アルバータ州の先住民たちがどのように暮らしていたか、実際に経験してみませんか。建物から歩いてすぐの所に、伝統的なティピー(先住民の移動式住居)が立っています。入って横になってみましょう。寝具を持参することも借りることもできますが、本物を味わうには、用意されているバッファローの敷物もぜひご体験ください。

The Fort Museum of the NWMP and First Nations Interpretive Centre

Travel Alberta | Katie Goldie

馬を手入れして、警察隊を閲兵

1800年代後半、アルバータ南部では違法ウイスキーの取引が盛んに行われ、警察はこれを取り締まるため国中を旅しました。フォート・マクロードでは、駐屯地を創るために駐留しています。今日では、城砦を訪れると、有名な北西騎馬警察隊のミュージカルライドを見学できます。統制された馬に乗ったパフォーマンスで、騎馬警察の伝統が生き続けているのがわかるでしょう。

制服姿の隊員たちが信頼する馬たちに乗る前に、舞台裏で馬の手入れをお手伝いしてみませんか。「グルーム・ア・ホース」では、見学者が馬の世話と手入れに関して実地で秘訣を知ることができます。さらに、重要人物のように、連隊を閲兵する機会もあります。その後は、VIP座席からショーを楽しみましょう。1日鞍から離れてみるのも悪くないと思いませんか?