Dinosaur Provincial Park

カナディアン・バッドランドが誇る4つのインスタ映えスポット

ジョディ・ロビンス

Travel Alberta

Mar 27, 2019 - 4分

アルバータ州のロッキー山脈は、言うまでもなく圧倒的な絶景です。でも、あなたのフォロワーは、雪をかぶった山々やターコイズブルーの湖を超えるものに「いいね!」したいのかもしれません。そう思いませんか?休日の刺激をお探しなら、あるいは単にあなたのフィードをきれいに見せたいなら、カナディアン・バッドランドにご注目ください。  

この地域には、お探しのあっと言うようなものがあるだけでなく、隠れた穴場を発見することで、あなたの信頼度もアップするでしょう。好みのものを求めて旅行しているなら(誰でもそうですよね?)、次にご紹介する4つのスポットは必見です。

Horseshoe Canyon

100年前、この砂岩の渓谷は、国境を越えて馬を密輸する泥棒たちでいっぱいでした。

Travel Alberta | Katie Goldie

ホースシーフ渓谷

このような名前であれば、何か相当の伝説があると思いませんか。幸いにも、ドラムヘラーからわずかに離れた場所にあるこのスポットは、まさにそのとおりなのです。ホースシーフ渓谷では大草原が突然、砂岩の溶岩流から成る渓谷に変化します。どちらも当てはまるかもしれませんが、ここに立つと、SF映画のセットにいるような気がしませんか?それとも西部劇でしょうか? 

キャプションを付けるなら、1世紀前の違法馬取引の中心地として、この場所の歴史を織り込んでください。かつて米国とカナダの間で密輸された馬が、この渓谷で意味ありげにうろついていました。後に別の所有者のものとして売りさばく際に、馬は再び姿を表します。それで、このような名前がついているのです。

プロのアドバイス:おもちゃのダンプカーや恐竜を持って行ってみてください。野生のジリス(地元の人はゴーファーと呼んでいます)はかなり大胆なので、おもちゃとジリスを合わせて使えば、面白いショットが撮れるでしょう。

Blackfoot Crossing

こういった写真を毎日撮ることは難しいですが、ブラックフット・クロッシングでは、カラフルな伝統衣装で盛装したシクシカ族の人々を撮ることができます。

Travel Alberta | Katie Goldie

ブラックフット・クロッシング 

この歴史公園は、カルガリーのすぐ南、シクシカ族の居留地にあります。多くの人に注目されているわけではありませんが、いずれそうなるはずです。現代美術館に足を踏み入れる瞬間、インスタのインスピレーションが湧いてきませんか。入り口のドアの上に、巨大なステンドグラスの羽根が扇のように広がっているのですから。それは光を捉えて、下のコンクリートに赤と紫の反射を映し出しています。

中に入ると、ライフスタイルのインフルエンサーなら、そのオープンな設計に驚いて二度見してしまうでしょう。フルサイズのティピー(先住民の移動式住居)、色とりどりの工芸品、さらに大草原がうねる景色が床から天井まで広がっているのです。建物の外に出れば、眼の前は緑豊かな渓谷を蛇行するボウ川。世にも貴重な風景を撮るチャンスです。短い坂を下った先には、伝統的なティピーが3棟。宿泊するゲストを待っています。誰も予約していなければ、近づいて少し写真を撮ってみましょう。

州立恐竜公園 

この氷河が切り出した谷のほとんどどこもが、インスタグラムによく投稿されています。たとえばフリンストーンを思わせる岩のテーブルトップ(フードゥーかもしれません)や、丘の亀裂に黄、赤、茶、黒の地層が並び、どれも太陽の位置に応じて色が変化する様子、といったものです。この州立公園には、写真を撮るためのサンセットツアーがあり、「金の谷」や「月の谷」といった場所に連れて行ってくれます。本当です。

でも、ほとんどの人の目的は化石でしょう。ここは恐竜の骨に関して、世界有数の重要な場所なのです。文字どおり、いたるところに恐竜の化石があるので、カルーセル投稿に含めればOKです。  

公園の外に出たら、パトリシアホテルの何から何までノスタルジックな酒場に駆けつけましょう。店内は剥製術で派手に飾られ、経営者はブランドの名前を木工板に彫刻しています。実物大のジュラシックパークのようなショットを撮りたければ、かつて恐竜ショップがあった、ハイウェイ544と876の交差点へ。そこに、格好の良いT-レックスが立っています。

サイプレス・ヒルズの湿地をカヌーで漕ぎ進めば、何よりもフォトジェニック(あるいはカナダ風)です。

Travel Alberta | Roth and Ramberg

サイプレス・ヒルズ 

この州立公園はアルバータ州とサスカチュワン州の境にあり、海抜600メートルの大平原に広がっています。大草原にいることを思うと奇妙ですが、深い松林と山のような地形に囲まれているのです。ここは実際、ロッキー・マウンテンとラブラドール地方の間で最も標高が高い地点でもあります。

風景を撮るなら、どこを選ぼうかとぜいたくな気分になるでしょう。湿地、草地、森林、さらに公園のすぐ外には大草原が広がっているのですから。夜間の写真撮影なら、サイプレス・ヒルズはダーク・スカイ保護区なのでうってつけです。ビロードのような夜空にきらめく星の神秘的な写真が撮れることでしょう。 

おいしくて、それと同時にそそられるものを食べたくなったら、キャンプ・クックハウスへどうぞ。ほぼすべてが自家製で、おいしさのあまり必須の写真撮影を忘れてしまうかもしれません。いえ、それはないでしょうけれど。

キャンプ・クックハウスでは、単なる元気の出るキャンプフード以上のものが楽しめます。その美味に負けないくらい、写真としてもインスタ映えするでしょう。 

Travel Alberta | Katie Goldie