Hinton Bike Park

ヒントンとその周辺で体験できる夏の5つの無料アドベンチャー

Michael Hingston

Travel Alberta

Mar 22, 2019 - 4分

バケーションには計画が必要です。でも、アルバータで休暇を過ごすなら、大金を持っていなくても大丈夫。夏の1日を無料で満喫できる、ジャスパー国立公園周辺の5つのスポットをご紹介します。

Hinton Bike Park

1.ヒントン・バイク公園でウィーリーに挑戦

約15ヘクタールのこの公園が2008年にオープンした当時、この公園はアルバータ州で初の公営バイク公園でした。それ以降、他のいくつかの自治体が後に続きました。しかし、ヒントン・バイク公園には、スキルエリア、ダートジャンプ、パンプトラック、ドロップゾーン、多彩な森の中のトレイルがあり、現在もカナダで最大規模のバイク公園となっています。また、夜明けから日暮れまで無料で利用できるのもその特徴です。さらに、コース全体が連続しているので、スキルエリアで完璧になるまで練習した動きを、下にある森の中の丘を下るのに実践することができます。

2.ヒントン・ディスク・ゴルフコースでホールインワンを決める

バイク公園を楽しんだ後は道を渡り、2017年にオープンしたヒントン最新の屋外アトラクションに足を運んでみましょう。この18ホールのディスク・ゴルフコースは、森林に囲まれた環境を活かし、コース自体に自然の景色と風光明媚なアルバータの地形を組み込んでいます。ぜひ家族全員で訪れてください。時間を節約するために、町のインフォメーションセンターでディスクを事前に受け取っておくとよいでしょう。その際、少額の保証金が必要です。

Sundance Provincial Park

3.サンダンス州立公園で「北のフードゥー」を見学

フードゥーを見学できるのはアルバータ南部だけだと思っていませんか。それは本当でしょうか。ヒントンの東側を車でひとっ走りして、 ハイウェイ16号線を北に進み、そこからワイルド・スカルプチャー・トレイル沿いに1kmほど歩くと、珍しい砂岩の形成物が見えてきます。この岩柱は、数千年前に溶けた氷河によってサンダンス・バレーが生まれた際に、さまざまな浸食パターンによって形成された地形です。まさにアルバータの隠れた名所です。それ以外にも、渓谷の奥深くへトレッキングに出かけたり、7つの美しい湖から成る近くのエマーソン湖にキャンプを張ったりと、公園内ではいろいろな楽しみ方ができます。

4.ビーバー・ボードウォークで動植物を愛でる

野生生物を見てみたいなら、ビーバー・ボードウォークに勝る場所はありません。この施設は2006年にヒントンの町の設立50周年を記念して建設されました。木でできたユニークな遊歩道を歩いていると、さまざまな種類の両生類、湿地の植物、そしてビーバーの姿を間近で見ることができます。ハッピー・クリーク沿いにぐねぐねと伸びる遊歩道を歩き、ヒントンの有名なトレイル網を通り、最後はマックスウェル湖の岸辺に戻ります。道中に設置されている案内板を読むと、この地域に棲息するさまざまな種に関して詳しく知ることができるだけでなく、このような湿地が今後何世代にもわたってその姿を留めるためには私たち一人一人がどうすればよいのかをあらためて考えさせてくれます

5.ヒントンの歴史を巡るドライブツアーのおすすめ観光ルート

おそらく、読者の皆さんは、肉体的にきついアクティビティを期待しているわけではないでしょう。そうだとすれば、ヒントンは皆さんにぴったりです。町のドライブガイドの無料パンフレットを入手したらセルフガイドのツアーに出かけ、車に乗ってくつろいだまま町の歴史を気ままに見学してみましょう。最初の入植者や農場経営者について知るには、その時代の古い施設を自分自身の目で確かめるのが一番です。コール・ブランチ・アーカイブスとヒントン駅では、歴史的に重要な産業について学ぶことができます。ただし、グリーン・スクエアでピクニックランチを楽しむ時間は残しておいてください。込み入った質問があればグリーン・スクエアの観光案内所で対応してくれます。