アルバータ州に、あなたの知らなかった素晴らしいビーチが3つあります

ゾーイ・ダンカン

Travel Alberta

Feb 01, 2019 - 4分

なだらかにうねる大草原、ロッキーの山々…そして、砂地のビーチ。そうです、アルバータ州には、湖の砂浜をはじめさまざまなものが待っています。水泳からパドリング、キャンプから釣りまで、アルバータ州のビーチでは、楽しい一日の過ごし方はいろいろ。ここでは、陽光いっぱいのアルバータ北東部で、ビーチの一日を満喫できるスポットをいくつかご紹介しましょう。

Cold Lake Provincial Park

Roth & Ramberg / Travel Alberta

コールド湖

この湖はまさに、その名のとおりです。水深は120メートルと深く、湖はいつも美しいまま。コールド・レイクは大変な人気スポットです。町の近くにはスプラッシュパークやレストラン、州立公園にはキャンプ場や森のトレイルがあり、どちらも人気を集めています。 

コールド・レイク州立公園では、ランズ・ポイント・ビーチをぜひ訪れてみてください。 白い砂と水晶のように透明な湖。ビーチで過ごすのに最高の組み合わせです。もし、水が冷たい時間に早めに到着したら、キャンプ場近くのアルバータ・パークスのキオスクに行ってみましょう。そこでバードウォッチングのチェックリストをもらったら、ホールズ・ラグーンの周りをハイキングです。ペリカンや水鳥、カワウソ、鵜、カイツブリ、そして、たくさんのトンボも見られるかもしれません。ハイキングの後は、湖でひと泳ぎして涼んだり、ビーチでピクニックを楽しんだりすれば最高です。公園内にはキャンプ場がたくさんあります。もう少し自然に触れたい方には、ビーチから歩いてすぐの所に、テントでウォークインキャンプができる場所が12ヵ所あります。ぜひご予約ください。カヌーを持っていけば、泳ぐムースを見る絶好のチャンスに出会えるかもしれません。

コールド・レイクの町の中であれば、キノスービーチへ向かいましょう。遊泳区域があるので、深過ぎない場所で泳ぐことができます。スタンド・アップ・パドル・ボード(SUP)も持って行きましょうか。ボードがなくても、ビーチにはウィキッド・ウォータースポーツ・レンタルズがあります。駐車しているトレーラーを探してみてください。SUPやカヤック、ペダルボートを時間単位で借りられます。冒険気分でいっぱいなら、フライボードのレッスンを予約しておきましょう。ウィキッドは州で唯一、水上ホバーボードの乗り方を習えるスポットです。もし頭上にCF-18戦闘機が見えてもご心配なく。近くの基地で、カナダの軍事訓練が行われているのです。

サー・ウィンストン・チャーチル州立公園のラック・ラ・ビシュ

アルバータ州に長くいる人でも、この州所有の島でキャンプができることは知らないかもしれません。ラック・ラ・ビシュのサー・ウィンストン・チャーチル州立公園は陸地につながる島にあり、300年前から続く森に覆われています。この公園では、島のキャンプを何から何まで体験できることでしょう。 テントでのキャンプ、居心地の良いキャビンやティピー(先住民の移動式住居)でのコンフォート・キャンプ、あるいは気の向くままに1日歩き回ったり。のんびりしたり、泳いだりできる砂浜も待っています。それから公園内でカヤックやカヌー、SUPをレンタルして、デッキから湖に乗り出しましょう。島の森には、いたるところにトレイルがあります。徒歩か自転車で島をめぐって、お気に入りのビーチを見つけてみてください。車椅子で利用できる1kmのトレイルもあります。 

公園スタッフからのヒント:ボードウォーク・ビーチから眺める夕日は、想像を絶するほどきれいです。いつまでも浜辺に立って、空がピンクやオレンジに染まるのを眺めていたくなることでしょう。夕焼けの中でスタンドアップパドルボードを楽しむのもおすすめです。

Elk Island National Park

Roth & Ramberg / Travel Alberta

エルク・アイランド国立公園のアストーティン湖

エルク・アイランド国立公園のビーチに向かえば、途中でハイウェイの向こうをのし歩くバイソン(1頭か、もしかしたら4頭かもしれませんが)に遭遇するかもしれません。この公園にはヘイゲンバイソンとシンリンバイソンが約700頭生息しており、公園に入るとかなりの確率でバイソンの群れを見られます。 

アストーティン湖のビーチは、エドモントンから車でわずか1時間弱。ということは、首都から出発する場合にとても便利なのです。ビーチタオルを放り投げ、ピクニック・テーブルについたら、ひと泳ぎ。ペリカンやビーバー、運が良ければ、絶滅危惧種のナキハクチョウの姿を見られます。 

ハスキン・カヌーはビーチのすぐそばにあります。時間単位でカヤック、カヌー、SUPを借りられるので、要チェック。近くにあるハイ・アイランドは、パドラーに人気のスポットです。また、風の強い日には、便利な避難所にもなるでしょう。秋に訪れるなら、満月と新月の頃に予定されている夕暮れ時のパドルツアーをハスキンで予約しましょう。 

もっと何日も水辺で過ごしたいなら、アストーティン湖キャンプ場か、oTENTik.と呼ばれるテント兼キャビンをぜひご予約ください。このエリアはどこもビーバー・ヒルズ・ダーク・スカイ保護区の一部なので、光害が最小限に抑えられ、星の眺めが美しすぎて夢のようです。星が出たら、寝袋から外に出るのをお忘れなく。