ジャスパーの山に生きる男の挫折と復活

Travel Alberta

Aug 21, 2018 - 1 minute

両脚の機能を失うという苦しみを体験して、一体何が得られるのかということについて考えるのは興味深いことです。
アルバータ州ジャスパーのライアン・ティッチェナーを紹介します。数年前のクライミング中、彼は洗濯機ほどの大きさの岩に寄りかかって休んでいたところ、突然、その岩が崩れたのです。彼は岩から転げ落ち、その岩が彼の体の上に落ちてきました。彼は脊椎に損傷を受け、両脚に麻痺が残りました。両脚の機能を失っただけでなく、自分自身で動くことができなくなった彼は、山やアウトドアとの深いつながりをも失ってしまいました。

しかしその後数年の間に、彼に予期せぬことが起こりました。リハビリ中、彼は何か他のものを手に入れたと感じたのです。精神的、財政的に彼を支えようと、ジャスパーに住む彼の仲間たちが集まってくれ、彼は周囲の人々とのより深いつながりを感じました。筋力が強くなってくると、彼はジャスパー国立公園で人気のリゾートで、以前働いていたこともあるマーモット・ベイスンでシットスキーをすることに新たな情熱を抱くようになりました。このことは、山とアウトドアとのより深いつながりにもなりました。 

以下の動画を見ると、ティッチェナーにとって何かを奪うものでしかなかった事故が、彼のアルバータ州での人生に新たな視点を与えてくれたことが分かります。