このウェブサイトでは、お客様により良いオンライン体験をご提供するためにCookieを使用しています。お客様は、このウェブサイトを使用することまたはこのメッセージを閉じることにより、当社のCookieに関するポリシーに同意されたものとみなされます。
JP
  • AU
  • CA
  • CN
  • DE
  • JP
  • KR
  • NL
  • UK
  • US
  • MX

アルバータ州にある地獄の底が突然注目を浴びるホットな町に

ジュリー・ヴァン・ローゼンダール

Travel Alberta

Jan 05, 2018 - この記事の所要時間:4分

メディスン・ハットのダウンタウンにあり、この町で最も歴史あるコーヒーローストショップのひとつ、マッド・ハッターの店内には、音楽が漂っていました。私はここで、世界各地から訪れた観光客のグループにこの町を案内するツアーガイドのジェイス・アンダーソンと待ち合わせをしていました。この辺りはとても活気があり、オーナーになったばかりの若者たちが店の奥でコーヒー豆をローストし、その芳醇な香りを路上にまで漂わせることで、自分たちの腕を競い合っています。

最近メディスン・ハットではこのようなシーンがごく当たり前に見られます。以前は外部の人からは農業と工業の町と見られていたのですが、今ではアンダーソン自身と同様に、若くてやる気にあふれ、そしておそらくちょっと変わっている町と思われるようになっています。彼はできるだけ頻繁に情報を集めて広めようとしており、とても話し上手な若者です。彼は通りかかるほとんどの人にあいさつします。グループの全員が集まるのを待ちながら、最近家族で行ったメディスン・ハット郊外のキャンプ場での休暇について話してくれました。 

有名な作家がこの町を形容した言葉が、そのまま地元のビール醸造所「ヘルズ・ベースメント」という魅力的な名前になりました。

Travel Alberta / Chris Amat

最近この大草原の中の町は新たなエネルギーで発展しつつあります。そのエネルギーは、この町ならではのコーヒーシーンと急成長を遂げているビール醸造所、そしてジャズ・フェストのようなイベントに参加する人でごった返す道路にまで及んでいます。私たちはカナダ最古の映画館であるモナークやパブリックアート、カラフルな壁画を見て回りました。その中にはヘルズ・ベースメントの物語を伝えるものもあります。このニックネームは、1907年に英国を代表する作家のラドヤード・キップリングがこの地域の広大な天然ガス地下貯蔵所を見て名づけました。彼は「この国のこの辺りは、まるで地獄の底のように見える。地獄から地上に出る唯一の扉がメディスン・ハットにあるかのようだ」と書き記しています。

現在、この町の奇妙な名前(とさらに奇妙なニックネーム)は名誉の印となっています。ニックネームはカナダのロックソングにもインスピレーションを与えました。アンダーソンが語るところによると、この地の先住民はこの場所を「サーミス」と呼んでいました。ブラックフット語で「ヘッドドレス・オブ・ア・メディスン・マン(呪医の頭飾り)」を意味します。トロントの地図製作者がその訳語を短く単純化したものが定着したのです。 

メディスン・ハットは独立系ビジネスオーナーのクリエイティブな中心地となりました。たとえばステーション・コーヒー・カンパニーは、コーヒーを片手にライブミュージックを楽しむホットスポットとなっています。 

Travel Alberta / Chris Amat

アンダーソンが私たちをステーション・コーヒー・カンパニーに連れて行ってくれました。ここでは地元のパフォーマー、クリスティー・カーピュウェイトがギターを抱えて歌っていました。オーナーのジェレミー・ノーデルは、店内焙煎のコーヒー豆で淹れたアイスアメリカーノを運びながら、誰とでもおしゃべりをします。グルテンフリーのずっしりしたブラウニーは、グルテンフリーかどうかにかかわらず、これまで食べたうちでトップクラスのおいしさでした。「この店を、まるで自分の家であるかのようにくつろげる場所にしたいのです」と彼は言います。常連客は名前で呼びかけられ、カウンターの奥では彼らが注文する前にいつものドリンクが用意され始めるのです。

人口7万人に満たないメディスン・ハットですが、なんと独立系のコーヒーショップが6店、コーヒーローストショップが3店あり、アーティスト、コレクター、起業家、クリエイティブな人々のコミュニティを元気づけ、この町に密接な人のつながりをもたらしています。

アーティストのアトリエや家族経営の食堂がある道を歩いていると、若い男性が屋外にある公共ピアノの場所を尋ねてきました。その場の雰囲気で気分が盛り上がり、ピアノを弾きに行きたいのだそうです。川から1ブロック離れたところにあるエスプラナード・アーツ&ヘリテージ・センターには、アートギャラリー、博物館、音楽教育発見センター、公文書保管所、カナダでトップクラスの音響を誇る700席の劇場があります。  

メディスン・ハットの変化に富んだ過去の歴史は、この町で起こっているクールなことすべてを形作る要因となってきました。繁盛しているコーヒーショップ、クリエイティブなビール醸造所、年間を通じて開催されているさまざまなフェスティバルはその要因のほんの一部にすぎません。ハットはヒップな町になったのです。 

Travel Alberta / Hubert Kang

ぶらぶら歩いてフィンリー橋までやってきました。この橋はサスカチュワン川に架かるカナダ最古のトラス橋で、メディスン・ハットの北(リバーサイド)と南(ダウンタウン)を結んでいます。この川はメディスン・ハットに町の象徴となるものをもたらす役目も果たしました。アンダーソンによると、煉瓦や陶磁器を造るための理想的な粘土質の土を得るために、地元の人々は土手を爆薬で爆破していました。製陶窯の燃料となる天然ガスが豊富なことと相まって、メディスン・ハットは製陶製品の一大生産地となり、第一次世界大戦の不安定な時期も、この産業のおかげで切り抜けることができたのです。

陶芸歴史地区では、メダルタが博物館となっており、世界的名声を得ているアーティスト・イン・レジデンス・プログラムやワークショップを開催したり、定期的に展示を入れ替えています。ギャラリーとコンテンポラリー・セラミックス・スタジオも併設しています。夏にはイブニングマーケットが開催され、大いににぎわいます。12月にはクリスマスマーケットが、また年間を通じて音楽フェスティバルや演奏が行われます。

メディスン・ハットのいたるところに歴史が息づいています。社名を伝説的な人物の名前から取った地ビールメーカーやちょっと困った武勇伝のある居酒屋などがあるのです。 

Travel Alberta / Chris Amat